高血圧症は生活習慣が原因で起こる病です。高血圧にならないためにも日頃から食生活の見直し、軽い運動などを取り入れて予防しましょう。当サイトでは高血圧の数値や高血圧になりやすい人の特徴・治療法などについてご紹介していきますので、高血圧症にならないためにも参考にしてください。

高血圧症にお勧めのサプリメント

サプリメント

高血圧とは上が140mmHg以上で下が90mmHg以上のことをいいます。
血圧は朝、夜、体調、測定する環境で変わることがあり、健康診断で異常がなくても隠れ高血圧の人や病院で測定すると異常に高くなる人もおられます。
家族に高血圧の人がいる場合や血圧が気になる人は家庭で測定できる血圧計を持っておくことも健康管理に役立ちます。

高い血圧の状態が続くと血管にダメージを与え、大きな血管だけでなく小さな血管にも異常がおこり、これが高血圧による動脈硬化で脳血管障害、心疾患、腎臓疾患、血管疾患の原因になります。
脳血管障害には脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血があります。
命を落とすリスクが高くたとえ助かったとしても運動障害や言語障害などの後遺症が残る可能性があります。
心疾患には心筋梗塞や狭心症があり、突然死の多くの割合を占めるとても怖い病気です。
腎疾患は血中のナトリウムの排せつがうまくいかず血圧が上昇する悪循環を引き起こします。

高血圧を改善する方法は薬を使って下げる方法や生活習慣を見直すことが必要です。
バランスのとれた食事を心がけ野菜を多く食べることが大事です。
それに過剰な塩分摂取、ストレス、運動不足、喫煙、飲酒も気をつける必要があります。

高血圧の人は特に自覚症状がないので暴飲暴食、喫煙などをそのままにしている人もおられます。
合併症を引きおこしてから慌てて治療しても取り返しのつかないことになるかもしれません。
しかしつらい症状がないのに薄い味付けや嫌いな野菜を食べなければならないことはかえってストレスになることもあります。
高血圧は薬を飲み続けることで治ることはないのでサプリメントを有効活用することも良い方法です。

高血圧に効果のあるサプリメントも多数発売されています。主な効果は血液をサラサラにすることです。
飲み方はサプリメントの特徴があるので指示に従うと効果を感じやすくなります。
薬、生活習慣、サプリメントで血圧をうまくコントロールすることができます。

一押しのサプリメント3選

高血圧に効果のあるサプリメントは数が多く人それぞれの生活習慣を考えながら選ぶとよいものですが、その中で特徴のあるサプリメントを3つ紹介します。
飲み方はそれぞれの指示に従い、薬との併用ができるかどうかも必ず確認しておきましょう。

ヘルケア

製薬会社のエーザイから発売されているものにヘルケアがあります。
臨床試験で有用性が認められた特定保健用食材です。いわし3匹分のサーデンペプチドを1日で摂ることができます。
サーデンペプチドは素材メーカーと九州大学との共同研究で血圧に穏やかに働きかけることが確認されたものです。
4週間続けると血圧が穏やかに減少する効果が分かっています。製薬会社エーザイのヘルケアは通販限定商品になっています。

大正DHA・EPA

青魚の血液サラサラ成分として有名なDHAとEPAを贅沢に配合したサプリメントです。
DHAやEPAを使ったサプリメントはたくさんありますが、この成分は酸化しやすく鮮度を保つことが必要です。
製薬会社の高品質とアルミ包装でしっかりとされ酸化しないように工夫されています。
1日分を小分けすることで新鮮なDHA、EPAを飲み続けることができます。
大正DHA・EPAは実感がない人、高くて継続できなかった人、飲み忘れてしまう人など今までサプリメントを続けられなかった人に人気です。

きなり

さくらの森から発売されているきなりというサプリメントがあります。
さくらの森は「ともに豊かに」をコンセプトに心と身体を健やかにサポートする商品を発売しています。
その一つにきなりがありその成分にはDHA、EPA、DPA、クリルオイル、ナットウキナーゼが入っています。
DHAは高濃度なもの、クリルオイルはスピーディーに腸から吸収されるもの、DPAはサラサラパワーがEPAの10倍が特徴です。
日本のトップクラスの水産加工商社のマルハニチロと共同開発しています。
今までにない高濃度でフレッシュな純国産の原料を使ったサプリメントです。